健康保険は適用されるの?

病院やクリニックと名のつくところなら、全て健康保険適用内だと思ってはいけません。診療目的が美容か治療かで適用範囲が定められているからです。皮膚科での改善を、予算を基に進めていきたいなら初めの診療時に医師へ相談しておきましょう。

肌トラブルを感じたときのきっかけ

  • ニキビの治りが遅い
  • 脂肌が気になる
  • ファンデーションのノリが悪い
  • 毛穴の開きが増える
  • 触れたときにざらざらする

「私に限って」はなし!シミ・シワ・ニキビの可能性を皮膚科で潰す

ウーマン

シミの原因

一番大きな要因は紫外線です。太陽の光を浴びると肌内部にメラニンが大量発生し、それがやがてシミへと変化するのです。また、喫煙にも要注意。老化を引き起こす活性酵素を増加させてしまうからです。シミを消すにはレーザー治療が最適ですが、施術の間は肌が敏感状態になっているので普段以上に紫外線対策が欠かせません。

シワの原因

肌の水分がなくなると乾燥しがちに。それがシワをもたらす要因です。加齢と共にコラーゲンやヒアルロン酸はどうしても少なくなってくるので、意識して取り入れることが大事です。その方法としてスキンケアも欠かせませんが、コラーゲンたっぷりの食材を積極的に食べることも効果的。特に豚の脂身にはコラーゲンがたっぷり含まれています。

加齢も関係アリ?

これまでお肌に関して困らなかった人でも、30代以降から肌の変化を感じることもあるでしょう。それは、先に挙げたように肌内部の保湿成分が減少していく為です。
肌は表皮、真皮、皮下組織の3つから成り立っており、この内真皮にコラーゲンが含まれています。しかしここで減少してしまうと、表皮を支えられずにハリのない肌になってしまうのです。

皮膚科での治療

乾燥肌は肌の保湿を続けることで大きく改善できます。皮膚科で処方される外用剤(クリームや軟膏)は肌に潤いを与えてくれるので、続けると効果を実感できます。塗布する順番など用法・用量は医師の指示通りに守りましょう。

日頃のスキンケアも丁寧に

洗顔を力いっぱい行なう人もいますが、肌に刺激を与えすぎるのは禁物です。スキンケアのときに意識してほしいのは、殻をむかれたゆで卵の表面を撫でるようにすることです。摩擦を続けてしまうと色素沈着し、まるでシミのように肌がくすんでしまうこともあるので優しく丁寧に触れましょう。

[PR]
京都で皮膚科を利用しよう
肌の悩みを撃退☆

調布でニキビを治そう

広告募集中